リフォームローン審査の必要書類とは?申し込み手順は簡単? 【Q&A】

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によって様々です。

低い利率では1%台からありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

2種類の金利体系があり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

ご存知ですか?リフォームローンの金利相場は市場金利によって上下します。

担保があるか否かによっても金利が変動し最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%となっています。

金利タイプには大きく分類すると2種類あり固定金利型と変動金利型の2種類に分けられます。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

さらに固定金利型には永続的な長期固定金利型と指定したある期間内だけ固定金利で、満了するごとに長期型か変動型に指定する固定金利選択型があります。

楽天にもリフォームローンあるのですが、楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

リフォーム工事資金と住宅購入資金とを合わせひとつのローンでまとめて融資が受けられるといった商品です。

2016年10月からは新しいリフォームローンフラット35リノベが登場しました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

比較的手軽に借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないのでとても手軽に利用することが出来るローンです。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

故に無担型ローンが適しているという場面は規模が小さめのリフォームだと言えるでしょう。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいという傾向があるからです。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額はわずか1/10です。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円になります。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。

支払に破綻のない返済額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

リフォームローンで受けられる控除は所得税ですね。

申告することによってその年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件があり指定されています。

省エネ及び耐震工事、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長で35年、上限金額は1000万円から1億円に跳ね上がります。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型は最大約5%に対し担保型最大約2%の低金利になります。

そのほか、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利を比較した場合変動金利の方が低金利となっています。

口コミで人気のアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

参考:リフォームローン審査の必要書類は?リフォームローンの申し込み! 【Q&A】

申込可能な人は、20歳以上65歳未満で安定収入がある人、返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

気になる金利ですが7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや担保や保証人が不要ですので、小規模なリフォームにはおすすめです。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

リフォームローンの一体型とは分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンが良いかと思います。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

但し、注意点もあります。

それは、事前審査においてリフォームの見積書が必要になる可能性があるほか、申込の際にリフォーム工事の請負契約書の提出が必要になることがあります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォームの業者さんも探さなければいけません。

リフォームローンの頭金はいくらくらいなのか、それは業者によって様々です。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事完了後に一括払いでOKという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数の業者から見積もりを取る方がいいでしょう。

通常、頭金に必要な金額はだいたい工事費用の10%から20%が一般的なのですが、契約前に資材費を請求してくる業者もいます。

リフォーム業者選びを失敗しないためには事前に業者に確認して、その内容を契約書に記載させることです。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、金融機関に申告したり返金する必要性はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には担当者から上乗せ融資が勧められるといったことがあるようです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間についてや、上限金額、担保、保証人の必要可否なども考慮する必要があります。

また、団体信用生命保険の加入可否や事務手数料などの諸費用も比較することが大切です。

建材メーカーの中には自社商品をリフォームで使用する場合、金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数は12回(1年)から420回(35年)となっています。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを選択することも可能です。

アルヒの貸付利率の適用基準は変動金利型となっていますので、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

諸費用・リフォームローンにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれ基準金利と事務手数料が異なります。

(事務手数料は融資実行時に融資金より差引かれます)口コミ評価の高いオリコのリフォームローンをご紹介します。

オリコのリフォームローンは24時間365日仮受付可能な「Webリフォームローン仮受付」が便利です。

わざわざ金融機関に行くこともなくパソコンから手軽に申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

使い道として改修工事やリフォームだけに留まらずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

リフォームローンを申込時の注意点として、仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

リフォームローンの口コミでは、口コミ評価が高い金融業者が一概に良いとは限りません。

低金利なローンには多くの人が集中するので審査基準が厳しいという傾向にあります。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまい怒り心頭状態で悪い口コミを書いてしまうということは珍しくありません。

そのため、口コミの身を信じてローンを選んでしまうと自分に合った商品を見落とすかもしれません。

金融関係の口コミを参考にする場合は、口コミの件数に固執せずどのような理由でその評価を付けたのかという理由をきちんと分析しなければいけません。