東京スター銀行のおまとめローンの審査って悪い?

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問は金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は通らない理由を自己分析する必要があります。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

おまとめローンの審査に落ちたという人はその原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

参照:東京スター銀行おまとめローン審査評判は?評価高い?【申込流れ】

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンは返済日や残高の管理がしやすくなります。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンを利用することで毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済能力があると判断されて与信通過の可能性がでてきます。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。