楽天ETCカードを作ろうと思っているんだけどキャンペーンは結局いつがお得なの?

自動車免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

技術的には他人名義のカードでも使えますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

その理由は、カードの利用規約に載っている本人以外の利用の禁止という項目があるからです。

少し詳しく書くとETC利用もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払制度は名義人本人と会社の間でのみ信用が成り立っているから可能になっています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確な規約違反となりカードが利用停止になる可能性を含んだ行為になります。

トラブルが発生するタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前高速を利用しようと思ったら家に帰ってから改めて探しても見つからずどうやら失くしてしまったようです。

急なトラブルについ焦ってしまいました。

ひとまずカード会社に利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクという部署で手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料が発生しますが手続きをしてから2週間しないうちに再発行されたカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても落ち着いて行動をしましょう。

高速道路を走る時に便利なETCカードですがカードの種類が多くて選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

発行手数料、年会費がかからないのはライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できるのが人気です。

2つ目に紹介するのは知らない人はいないくらいの知名度の楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が高くエネオスなどで給油した時にもポイント還元が発生します。

皆さんは高速道路を走行する時にETCカードを使っていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している道路の利用料が3割引になるんです。

他にも外環道迂回割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が使えない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞をできるだけ回避して通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は所持しているクレカ会社に追加で発行してもらうか新しくクレカを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカードなど様々な支払い方法が選べます。

最近ETCカードを持っていなかったので作ろうと思い調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカード利用時の付帯ポイントが2倍になるなどの様々な特典がつくカードもあるようです。

楽天カードを例にすると、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路で遠出する方は給油時の特典があるカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに違うのでいろいろ調べてお得なカードを見つけてください。

参考:楽天ETCカードのキャンペーンはお得?【入会で最大何ポイント?】

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言うアドバイスを聞くことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカの審査において優遇されているので審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。

また、審査が優遇される以外にも学生限定カードだとポイント還元率のアップやある年齢(例えば26歳)まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってからローンなどが組みやすくなります。

車に乗る方は持っていると便利な楽天ETCカードを持っていると思います。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうと思っている方向けにどういった面を見てカード会社を選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

車にあまり乗らなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高くお得な楽天カードという選択肢もあります。

このようにポイント還元率やライフスタイルから自分に合ったカードを探してみてください。

高速道路料金で割引を受けることができてお得なETCカードですが少し気になったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周り車載器を設置する「一体式」とカードリーダー部分をシート下に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式の良いところは、配線が少なく済むので見た目がスッキリすることや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動を防ぐためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目も小さくなり、カードリーダーをシート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式車載器に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。

1、2年ほど前からカーシェアリングサービスなどでキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?高速道路を利用する際にETCカードの利用を考えると思いますがレンタカーでのETC利用自体は車載器に挿せば利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスではカード利用者本人かの確認のため事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社へ連絡して聞いてください。

ETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについては他の車両で利用するときの登録は不要になります。

車で遠くに出かけるときに割引が適用されるなど便利なETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社ごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費について大まかに分類すると年間の利用額を問わない年会費無料のタイプ、年間で1回以上の利用があると年会費がかからなくなるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプがあります。

更新費に関しても同様に無料と有料のカードがあり、発行費が有料だったら更新費も有料、無料だったら更新費も無料になっていることが多いです。