ペットローンの審査って甘いところある?急ぎで審査が不安。

ペットローンというローンを取り扱っている金融業者はあまりないのですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融は総量規制がありますので無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借りることはできますが、ほとんどの金融機関で申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされていることが多いです。

信販会社のショッピングローンは商品を購入するためだけのローンなのでペットローンの場合はペットの代金を信販会社が立て替えて支払うことになります。

直接現金を借り入れるわけではありませんので、なんとなく審査のハードルは高くないように思われますがショッピングローンも申込資格には「安定継続した収入」が必須なっている場合が多いです。

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安...など最初の一歩が踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?ペットローンを組むには「安定かつ継続した収入があること」という条件がある場合が多く具体的に年収制限が設けられているのはイオン銀行くらいではないでしょうか。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く収入よりも継続してお仕事をしているかということを重要視しているようです。

もちろん、年収は多い方が有利なことに変わりがありませんが勤続年数が長い方が審査は有利になるでしょう。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、返済状況や金融事故歴のほうが問題になります。

セディナにはペットローンという商品はないのですが総合目的ローンでペットを購入するためのローンを組むことができます。

セディナの総合目的ローンは入院や出産、引っ越し、結婚式など大きな資金が入用になった際に利用出来るローンです。

ペットショップで発行される見積書や契約書があれば使途を証明できるのでペットローンにも利用できます。

申込条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下の人、安定継続した収入などがあります。

融資額は5万円から300万円、金利は7.8%から11.8%、返済期間は最長5年(60回)、しかも担保や保証人不要ですから安心して利用することができますね。

ペットを買う際にローンを組むことを検討しているのであれば頭金があれば借入金額を減らすことができますよ。

融資金額が少ないほど審査のハードルも下がりますから安心してローンに申し込むことができますよね。

頭金を納める金額は多いに越したことはないのですが金額は自分で設定することができます。

ただし、生体価格以外にワクチンなど別途費用がかかりますから手持ちのお金を全て頭金にしてしまうのは避けましょう。

別途かかる費用としては首輪やリード、餌やペットシーツなどといったものも必要になりますし小屋やケージを含めると生体体の他に数万円はかかることを覚悟しておきましょう。

ペットローンというローンは、ペットの購入費や治療費など使途が限定されていますが一般のローンと同様に、審査を通らなければ融資を受けることはできません。

申込み方法には郵送やインターネットがあり、ローン申込書に記入し提出(送付または送信)する必要があります。

申請に必要なものとして、運転免許書等本人確認書類のほかに50万円を超える借り入れの場合は収入を証明する書類も必要になります。

すでに他社からの融資を受けていたり、所得制限があるローンでも収入を証明する書類が必要となります。

ペットローンは用途が限定されているローンなのでペットショップが発行する領収書などの提出も求められます。

ペットローンとはペットショップなどから動物を購入する際に利用可能なローンです。

人気があって比較的安いといえば柴犬ですが20万前後が相場ですしトイプードルやロングチワワなどの人気犬種は20万円から38万円程度になります。

人気の猫種だと、アメリカンショートヘアーなどは25万前後が相場でブリティッシュショートヘアーは30万円前後が相場のようです。

更に血統書の有無やブリーダーによっても価格が大きく変わることがありますので犬や猫を飼うということは決して安い買い物ではありません。

ペット選びというのは、運命の出会いですからすぐにお迎えするにはペットローンを有効に利用したいですね。

ペットローンという商品を扱っている銀行は実は少なくほとんどの銀行では多目的ローンというローンで対応してるようです。

イオン銀行やスルガ銀行などにはペットローンがあり、信販会社のローンと比較してかなり低金利になっています。

イオン銀行の場合は、融資可能額は30万円から700万円で、年利は3.8%から年8.8%、返済期間は1年から8年までとなっています。

一方で、スルガ銀行はというと、金利年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年で、こちらも繰り上げ返済がいつでも無料です。

引用:ペットローンの審査が甘いのはどこ?お急ぎの方にも対応できる借り入れ先

銀行のペットローンというのは、非常にメリットが多いのですがそれだけ審査が厳しくなっているのは言うまでもありません。

ペットローンというローンがない銀行や消費者金融などは多目的ローン等、使途を限定して金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行のペットローンが一番低く、次いで信販会社のペットローン、消費者金融となっていますが低金利なローンほど審査の難易度があがると言われています。

又、同じ金融機関でも使途を限定しないフリーローンというのもありますが、使途が限定された低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

よって銀行のペットローンはローンの中でも格段に審査が厳しいと思われますので審査に通らないという人は、同行のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょう。

また、銀行カードローンの審査は信販会社のペットローンとあまり差はないという話もありますので両者の金利を比較して、低金利のローンに申し込むのもオススメです。

住宅ローンやカードローンに審査があるようにペットローンにも審査を受けて承認されなければ融資を受けることはできません。

ペットローンを提供している金融機関には銀行や信販会社があるのですが審査が厳しいとされるのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンはペットショップで組むローン(信販会社)よりも低金利で人気がありますが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということでそのご褒美として金利を低くして貸してあげますよという事なのです。

審査の難易度は、銀行のペットローンが一番難しくその次は信販会社のペットローンと言われています。

スルガ銀行は関東ではあまり馴染がないかもしれませんが実店舗は5大都市圏に展開しているだけでなくネットバンキングでも全国展開している沼津市指定金融機関です。

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立したローンとして商品化している数少ない銀行です。

スルガ銀行のペットローンは、最大融資額が800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低く設定されており、最大120回払いと大変良心的なスペックになっています。

全国どこからでも申込が可能で来店する必要もありません。

ペットローンの申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、安定した収入があることが求められます。